人気ブログランキング |

オペラ「蝶々夫人」公演のお知らせ

「蝶々夫人」公演
2019年10月3,4,5,6日  於東京文化会館大ホールにて
2019年10月13日       於よこすか芸術劇場

指揮:アンドレア・バッティストーニ
演出:宮本 亜門
装置:ポリス・クドルチカ
衣裳:高田 賢三
映像:バルティック・マシス
美粧:柘植 伊佐夫
合唱指揮:河原 哲也
日本語字幕:とよしま 洋

f0172744_15504993.jpg

f0172744_1552265.jpg

# by aula-magna | 2019-06-17 15:53 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)

ラヴェルのボレロとトスカニーニ

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルの「ボレロ:Boléro (1928年)」は、1900年代に作曲された交響曲の中でも最も人気を博したバレー曲の一つです。私が最初に買ったレコードでもあり、今も、その45回転のドーナツ版と呼ばれていた一枚を大切にしています。

f0172744_10455746.png

この曲はバレー曲には興味のなかったラヴェルが、ロシアのバレリーナー「イダ・ルビンシュタイン(1885-1960)」の強い要請に屈して書いた作品です。

f0172744_10453345.jpg

1930年5月4日パリオペラ座で、その当時指揮者としての名声を得ていたトスカニーニの指揮によってこの曲が演奏されたとき、ラヴェルは前方のボックス席で聞いていました。この曲の演奏が終わるや否や、拍手大喝采が起り、指揮をしたトスカニーニはこの拍手に応え、成功を分かち合おうとラヴェルを舞台上に呼んだところ、ラヴェルは席に座ったまま動こうともせず「Trop vite, trop vite!:速すぎる、速すぎる!」と、みなに聞こえるように大きな声で言ったのだそうです。トスカニーニの演奏はラヴェルの理想としていた17分よりも数分早く終わってしまったということで、楽屋に戻ってからも二人の議論は続き、二人は和解はしたものの、トスカニーニは二度と「ボレロ」を演奏しないと誓ったそうです。

f0172744_10461233.png

# by aula-magna | 2019-05-19 10:49 | 音楽家とそのエピソード | Trackback | Comments(0)

今年2019年の復活祭(イースター)は、4月21日(日)です。

春が訪れると、植物たちが花開き、冬眠していた生物たちはその眠りから目覚め、
誰もが新たな生命の力を感じ、希望に胸が膨らむことでしょう。
この時季、キリスト教徒の地では、この春をも祝うかのように復活祭が行なわれます。復活祭は、キリストが十字架に架けられてから3日後に復活したことを祝う行事で、「春分の日のあとの満月の次の日曜日」と決められているため毎年日程が変わります。

f0172744_113672.png
  *2020年復活祭は4月12日(日)
  *2021年復活祭は4月 4日(日)
  *2022年復活祭は4月17日(日)
# by aula-magna | 2019-03-23 11:10 | Trackback | Comments(0)

2019年度前期イタリア語講座は、4月4日開講です。

森下文化センター2018年度後期イタリア語講座は、3月14日をもって終了しました。
皆さんとても熱心に学んで頂き、私にとって毎回楽しい時間となっています。
様々な場面を想定した会話の練習と、イタリアの生活習慣、文化、歴史にまつわるエピソードを紹介した文章の読解を2本の柱に、イタリアの言語と文化を学ぶ面白さが、日々の生活を豊かにするヒントになることを願いながら、講座を進めています。

f0172744_121876.jpg

2019年度前期イタリア語講座は、下記の日程で行います。
日時:木曜日/月3回:全14回 (1レッスン90分/19:00~20:30)
4/4,11 5/9,16,23 6/6,13,20 7/4,11,18
8月はお休みです。 9/5,12,19 

講師:とよしま 洋 
(ご興味のある方は、見学にいらしてみてください。)
# by aula-magna | 2019-03-15 11:28 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)

ヴェルディ作曲『椿姫』公演のお知らせ

【CITTADINO歌劇団第19期生公演】
ヴェルディ作曲『椿姫』f0172744_14452362.jpg
文京シビックホール大ホール 2月17日14:00開演
指揮:平野桂子 
演出:直井研二
照明:坂本義美
衣裳:藤井百合子
総合プロヂューサー:根岸健一
日本語字幕:とよしま洋

【キャスト】 
ヴィオレッタ:愛 もも胡
アルフレード:城 宏憲
ジェルモン:井上雅人
アンニーナ:阿部祥子
フローラ:中島愛恵
ガストン子爵:藤崎優二
ドゥフォール男爵:高崎翔平
ドビニー侯爵:藤巻希美彦
グランヴィル医師:伊藤 純
ジュゼッペ:松田 健
合唱:CITTADINO歌劇団合唱団
管弦楽:CITTADINO歌劇団オーケストラ
バレエ:高木淑子バレエスクール
# by aula-magna | 2019-02-17 14:55 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!
f0172744_18444780.jpg

# by aula-magna | 2019-01-02 18:45 | ・日記 | Trackback | Comments(0)

神田明神「除災大祓式」

昨日は雲ひとつない晴天の中、友人と神田明神にお参りに行きました。境内で丁度「除災大祓式」が始まったので、そのすがすがしい雰囲気に惹かれ参加しました。新年を迎えるにあたり、精神的な大掃除ともいうべき大祓式だそうで、私たちが日常生活のなかで、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを人形(ひとがた)に託して身体を清め、心新たに生活を営むべく、大きな力を得る大切な行事ということです。
晴れやかな気分で新年が迎えられそうな幸運な一日となりました。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください!!!

f0172744_602292.jpg

f0172744_60501.jpgf0172744_61628.jpg
# by aula-magna | 2018-12-31 06:02 | ・日記 | Trackback | Comments(0)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
更新通知を受け取る