文明開化の足跡を辿って馬車道へ!

今日は1日オフなので、秋晴れの空の下、明治150年の歴史が詰まった馬車道を思い切り散策しました。
f0172744_1744027.jpg

1858年7月29日、それまで鎖国をしていた日本とアメリカ合衆国の間で日米通商修好条約が結ばれました。そして横浜港が開かれると、隣接する関内地域に外国人居留地が置かれ、横浜港と関内とを結ぶこの道を、外国人が馬車で往来していたため「馬車道」と呼ばれるようになりました。 馬車道は、日本の外国文化への玄関口であったため、ここを発祥の地とするものが数多くあります。

ガス灯(1872年10月31日)
明治3年、高島嘉右衛門が中区花咲町にガス会社を設立し、明治5年に神奈川県庁付近と大江橋から、馬車道、本町通りまでのおよそ600メートルの街路に、ガス街灯十数基を点灯しました。
f0172744_1751948.jpg

近代街路樹(1867年)
近代街路樹のはじめは、1867年に馬車道の商店街が、通りに沿って街路樹を植えたことから、1979年(昭和54年)に、横浜市が開港120周年記念事業の一つとして、中区港町5丁目に「近代街路樹発祥之地」の碑を建てました。

アイスクリーム(旧暦 1869年(明治2年)5月9日)
「町田房蔵」が馬車道通りに開いた「氷水屋」で製造・販売したものが初とされています。
「アイスクリン」という名称で、当初は外国人にしか売れず庶民の手には届きにくかったそうです。

日刊新聞(1871年1月28日(旧暦:明治3年12月8日))
中区本町通で、日本初の日本語の日刊新聞「横浜毎日新聞」が創刊されました。
中区日本大通にある横浜情報文化センタービル内には、日本新聞協会が設立した日本新聞博物館があります。
f0172744_1755712.jpg



# by aula-magna | 2018-11-16 17:12 | ・日記 | Trackback | Comments(0)

魔王ルシファー

我が家が亡き母の通っていた教会に近いことから金曜日の夜に行われる聖書研究に通っています。毎回、聖書を理解せずしてヨーロッパの文化を理解できないと思い知らされることばかりです。
前回は、ルシファーが取り上げられ、ヴェルディ作曲のオペラ「仮面舞踏会」のウルリカが祈願をする場面を思い浮かべながらの時間でした。

ギュスターヴ・ドレによる地球へ向かうルシファー
  f0172744_19302790.jpg
 







 
ウルリカ         
  魔王だ!魔王だ!胸の鼓動の中に
  私は今、彼のすさまじい抱擁による
  喜びが燃えあがるのを感じている!
  魔王ルチフェル
  未来の光明を左手に握っている!




ルシファー (Lucifer)とは、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長である魔王サタンの別名でもある。
神によって作られた天使(ケルブ)たちの中で最も美しく知恵のある最高位の天使であったルシファーは、自分も神でありたいと望んだが故にサタンとなった。

旧約聖書 エゼキエル書28章12-14節
お前はあるべき姿を印章としたものであり、知恵に満ち美しさの極みである。
私はお前を翼を広げて覆う*ケルブとして造った。お前は神の聖なる山にいて火の石の間を歩いていた。お前が創造された日からお前の歩みは無垢であったが、ついに不正がお前の中に見出されるようになった。

*ケルブとは智天使を意味するヘブライ語であり、
ラテン語ではcherubである。cherubino は cherub の縮小辞である。
# by aula-magna | 2018-10-28 19:37 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)

オペラ彩設立35周年記念「トスカ」公演のお知らせ

和光市民文化センターサンアゼリア開館25周年記念事業
オペラ彩設立35周年記念「トスカ」公演
指揮:ヴィート・クレメンテ
演出:直井研二
総合プロデューサー:和田タカ子
日本語字幕:とよしま洋
f0172744_8361435.jpg

# by aula-magna | 2018-10-17 08:42 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)

トスカニーニの指揮

Dolce(甘く優しく) Espressiva(表情豊かに) Crescendo(クレッシェンド) Sostenuto(ソステヌート) 
f0172744_12283242.jpg
Fortissimo(フォルティッシモ) Pianissimo(ピアニッシモ) Vediamo(どうだったかな...) Vergogna!(何たること!)
           
 
# by aula-magna | 2018-10-16 12:41 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)

ブルガリア国立歌劇場公演のお知らせ

ブルガリア国立歌劇場公演(2018年10月5日~16日)
ブルガリア国立歌劇場管弦楽団&合唱団
ビゼー歌劇「カルメン」<全4幕>
プッチーニ歌劇「トゥーランドット」<全3幕>

プッチーニ作曲:歌劇「トゥーランドット」
2018/10/8(月・祝) 15:00開演東京・東京文化会館
2018/10/11(木) 18:30開演三重・三重県文化会館
2018/10/16(火) 18:30開演埼玉・サンシティ越谷市民ホール 大ホール
トゥーランドット:ガブリエラ・ゲオルギエヴァ
指揮:グリゴール・パリカロフ
日本語字幕:とよしま洋
# by aula-magna | 2018-09-29 19:28 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)

2018年度後期イタリア語講座10月11日開講

森下文化センター2018年度前期イタリア語講座は、9月20日をもって終了しました。
皆さんとても熱心に学んで頂き、私にとって毎回楽しい時間となっています。

後期からも、また新しいメンバーが加わりますので、ますます楽しみです。
2018年度後期イタリア語講座は、下記の日程で行います。
日時:木曜日/月3回:全14回 (1レッスン90分/19:00~20:30)
10/11,18, 11/1,8,15, 12/6,13,
1/10,17, 2/7,14,21, 3,7,14

講師:とよしま よう 
(1995年4月に開講し、今年で24年目に入っています。見学可能です。)
# by aula-magna | 2018-09-21 18:13 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)

「二期会イタリアオペラ研究会記念コンサート」のお知らせ!

二期会イタリアオペラ研究会記念コンサート
  ~テノール田口興輔と歩んだ15年~

日時:2018年6月30日(土) 14:30開場 15:00開演
場所:イタリア文化会館 アニェッリホール

第一部: オペラアリア ガラコンサート
第二部: イタリアオペラの名場面 "Il Trovatore" "Rigoletto" "Tosca"より

第二部では、田口興輔先生の、拍手の鳴り止まない演奏の歌声が流れ、名場面の写真も投影されます。
ロビーでは、舞台裏での素敵な映像が流れ、出来上がったばかりのCD、DVDも販売されます。
出演者・スタッフ一同、皆様のお越しを、心よりお待ちしています。

f0172744_10521942.jpg

f0172744_10522815.jpg

# by aula-magna | 2018-06-02 11:02 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
通知を受け取る