2008年 07月 30日 ( 1 )

夏の野外オペラ 

ヴェローナの古代ローマの円形劇場アレーナでは、6月後半から8月末まで野外オペラが
上演されます。
開演は夜9時頃ですが、座席になる石段が昼間の太陽熱をたっぷり吸い込んでいるので、
日没になって気温が下がり涼しくなっても、座っていると下からの熱で汗が流れ出ます。
入り口で貸し出しているお座布団は必需品です。開演直前には陽も沈み、入り口で配られた
小さなローソクを、44段の階段席に座った2万5千人の観客が一斉に手元で点します。
この美しい光景は何度味わってもワクワクします。
そして大きな銅鑼の音が響き渡る頃、ローソクの火も消えて、いよいよ開演です。
今年の演目は「アイーダ」「トスカ」「ナブッコ」「カルメン」「リゴレット」です。
幕間にはプログラム(programma)、アイスクリーム(gelato)、ビール(birra)などの
売り子さんが、元気に観客席の間を回ってきます。終演は12時頃ですが、公演に合わせた
バスが待っているので安心してオペラを楽しめます。

人気blogランキング
  ↑クリックお願いします。
by aula-magna | 2008-07-30 19:44 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(2)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
通知を受け取る