モデナのパヴァロッティ歌劇場にて。

Modena のTeatro Comunale (Luciano Pavarotti) 歌劇場で Il Trittico:Puccini のオペラ三部作(外套、修道女アンジェリカ、ジャンニ・スキッキ)の公演を、思いがけなくロイヤルボックス最前列で観ました。
1月26日の公演は、残すところ天井桟敷席4席のみという状態の中、インターネットを通じやっとの思いで日本から2席予約しました。ところが、支払い済みになっていたにもかかわらず歌劇場についてみると席がありません、残っていたのは、ロイヤルボックスの最前列2席のみ、劇場のご厚意で39ユーロ(二人で5500円程)払って入場する事ができました。
アンジェリカ役のAnna Pirozzi、ジャンニスキッキ役の Ambrogio Maestri をはじめ、みなの熱の入った充実した舞台を、最高の席で見た贅沢な一夜でした。

f0172744_5292744.jpg

f0172744_52942100.jpg

f0172744_5295286.jpg

f0172744_5302015.jpg

f0172744_5302998.jpg

トラックバックURL : https://aulamagna.exblog.jp/tb/29482061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aula-magna | 2018-02-06 05:41 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
通知を受け取る