イタリアオペラ対訳双書「ランスへの旅」再版します。

f0172744_11463325.jpg
 長い間品切れになっておりましたイタリアオペラ対訳双書
 「ランスへの旅」(ロッシーニ作曲)についてたくさんの
 お問い合わせをいただきましたので、旧版のままですが
 再版することに致しました。3月24日に出来上がります。

 ご予約いただいております方々には、3月24日に発送します。
 今後とも、ご意見・希望をお寄せくださるようお願い申し上げます。
トラックバックURL : https://aulamagna.exblog.jp/tb/23787508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-30 08:18
タイトル : 贅沢と快楽に生きる娼婦的な女性と純愛に生きる青年の物語
プッチーニ『マノン・レスコー』 Puccini “Manon Lescaut”  『マノン・レスコー』はプッチーニの彼の第3作目のオペラで出世作となった作品です。当時プッチーニは借金紛れの状態で、このオペラがヒットしないと首をくくるしかないほど追いつめられた状態で、この作品を書きました。しかしそのような状況でも、台本作家を6人も代えて、原作小説をプッチーニが好きなように変えて、自分の持てるものを出し切って作品にしました。  プッチーニはこの作品で情熱的恋愛を描こうとしました。音楽は恋愛の...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-30 09:31
タイトル : 贅沢と快楽に生きる娼婦的な女性と純愛に生きる青年の物語
プッチーニ『マノン・レスコー』 Puccini “Manon Lescaut”  『マノン・レスコー』はプッチーニの彼の第3作目のオペラで出世作となった作品です。当時プッチーニは借金紛れの状態で、このオペラがヒットしないと首をくくるしかないほど追いつめられた状態で、この作品を書きました。しかしそのような状況でも、台本作家を6人も代えて、原作小説をプッチーニが好きなように変えて、自分の持てるものを出し切って作品にしました。  プッチーニはこの作品で情熱的恋愛を描こうとしました。音楽は恋愛の...... more
by aula-magna | 2015-03-16 11:52 | ・日記 | Trackback(2) | Comments(0)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
通知を受け取る