イタリア語のアクセントと日本語の長音

イタリア語では音をのばす (長くひく) ことはありません。
イタリア語のアクセントのある音を、日本語では長音として表記するので、
そのまま発音するとイタリア語の 「美しい響き」 が失われてしまいます。

Milàno を ミラーノ と表記しますが、
実は Mi-là-no à の音にアクセントを置きます。

Róma を ローマ と表記しますが、
実は Ró-ma ó の音にアクセントを置きます。

違いをお解りいただけますか?
イタリア語を美しく発音する大きなポイントのひとつです。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
トラックバックURL : https://aulamagna.exblog.jp/tb/11781307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SACRA at 2009-09-05 13:04 x
昨日、生徒さんと発音について話しをしていて思いだしたことが・・・ローマの休日でオードリーが最後にいった台詞・ロマ・彼女の美しさと言葉の美しさがとても強く印象に残っています!
Commented by aula-magna at 2009-09-05 14:09
日本語で表記できない音ですね。イタリア語のアクセントの響きは、明快さと爽やかさを与え、心を強く明るくしてくれるように感じます。
by aula-magna | 2009-08-22 12:45 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(2)

イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
プロフィールを見る
通知を受け取る