イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

問題解決

レオナルド・ダ・ヴィンチがミラノのサンタ・マリーア・デッレ・グラツィエ教会で「最後の
晩餐」を描いていたとき、教会の修道院長は、レオナルドが働かずに絵の前でじっと
していることに業を煮やし、ミラノ公にその不満をぶつけに行きました。
公がレオナルドを呼んでそのことを問いただすと、レオナルドは「芸術家は何もしていない
ように見える時も働いているのだ。絵はほとんど出来上がっているが、二つ問題が
残っている。一つはキリストの顔、そしてもう一つはユダの顔に悩んでいる」と説明し、
「でも今、問題の一つは解決した。ユダの顔は修道院長の顔にする」と答え、
公はこの答えにとても笑ったそうです。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
トラックバックURL : https://aulamagna.exblog.jp/tb/11201519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SACRA at 2009-06-02 12:10 x
芸術家は何もしていない時も仕事をしている!!音楽家も同じですね!むしろその時がとても大切です。私はよく夢でああでもないこうでもない、と自問自答して疲れ果てて目覚める時があります。時々歌っていたり・・・!ですから気分転換がとても大切で、今のところ料理とコーヒー豆とスタールでしょうか?!
Commented by aula-magna at 2009-06-02 13:46
コメントいつもありがとうございます。「何もしていないように見える時間」をもつことは、芸術家だけでなく誰にとっても大切なことだと思います。そして充分リラックスできる時間ももてるようにできれば、快適な日々になるのですが…
by aula-magna | 2009-06-01 01:13 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(2)