イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ジェンツァーノの花祭り」は、毎年キリスト聖体節(コルプス・ドミニ:Corpus Domini)を祝って行われます。今年2017年の Corpus Dominiは6月15日(木)、花祭りは6月17(土),18(日),19日(月)の3日間に開催されます。この花祭りはイタリアの各地で行われますが、キリストの聖体を迎えるために道に花を撒いたことが始まりとされ、1778年から200年以上続けられている「ジェンツァーノの花祭り」が最も有名です。

f0172744_1371117.jpg

教会までの道を、60万本以上の色とりどりのカーネーションと、その他の花の花びらを敷き詰め花の絨毯で埋め尽くすのです。これはコンペで勝ち残った団体によって2日かけて完成されます。土曜日の午後に下絵が描かれ、日曜日の朝から下絵の上に花びらが置かれ、数時間で花の絨毯インフィオラータが完成するそうです。このインフィオラータの中央をキリスト聖体の行列が通っていきます。聖体のパレードを迎え入れるこの花の絨毯は、およそ200メートルの巨大なアートとなり、ヨーロッパ有数の花の祭典として人気を誇っています。

f0172744_1374752.jpg

アンデルセンも、「即興詩人」の中で、その華麗な美しさを謳っています。

f0172744_138036.jpg

by aula-magna | 2017-06-17 01:43 | ・イタリアの芸術

Bicerin のお話

2001年に、ピエモンテ州の“bevanda tradizionale piemontese (ピエモンテ州の伝統的飲み物)”として認定されたBicerin(ビチェリン)とは?
イタリア、トリノの伝統的な温かい飲み物で、ホット・チョコレート、エスプレッソ、そして牛乳から作られ、丸いグラスに層状にして提供されます。1763年にオープンしたCaffè Al Bicerinで提供されたことから、この名がついたとされています。ビチェリンという言葉はピエモンテ方言で「小さなグラス」を意味します。トリノはオーストリアからの独立運動が最も盛んに行われた場所で、愛国者、文学者、芸術家が多く集まり、カフェの文化が栄えました。

f0172744_102455.jpg

f0172744_105169.jpg

ビチェリンは「bicerin ‘d Cavour (カヴールのビチェリン)」とも呼ばれています。
イタリア統一の立役者であり、イタリア王国初代首相であった Couvour(カヴール)は、このカフェがお気に入りで、入り口を入ったすぐ左側、時計の下の大理石の丸テーブルで、新聞を片手にbicerinで身体を暖め鋭気を養っていたそうです。

f0172744_103987.jpg

このカフェを訪れていた人々の中には、アレクサンドル・デュマ・ペール、アーネスト・ヘミングウェイ、ジャコモ・プッチーニ、イタロ・カルヴィーノ、パブロ・ピカソなど多くの著名人がいて、このビチェリンという飲み物は彼らを虜にしました。
1896年2月1日にトリノのテアトロ・レージョで、プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」が初演されましたが、この頃プッチーニは、このカフェのすぐ近くのアパートの屋根裏部屋に住んでいて、この生活が「ラ・ボエーム」のモデルとなったと自身の思い出の中で語っています。
by aula-magna | 2017-06-11 01:06 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)

Mimosaの種

今日、Mimosaの種に気づきました。
Mimosaはギリシャ語の「mimos(人真似)」が語源で、同属のオジギソウが
人のように動くことに由来しているそうです。

f0172744_1672997.jpg


f0172744_1681324.jpg

by aula-magna | 2017-06-10 16:17 | ・日記 | Trackback | Comments(0)