イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アジサイ

by aula-magna | 2015-06-19 13:52 | ・日記 | Trackback | Comments(0)
花がついて一週間で、たくさんのインゲン豆が生り始めました。来週は食卓に。。。。。

f0172744_8411373.jpg


そして..... 6月18日一回目の収穫(やわらかくてその美味しさに感激しました。)

f0172744_11414838.jpg

by aula-magna | 2015-06-13 08:41 | ・日記 | Trackback | Comments(0)
学ぶことが面白くて夢中で過ごした4年間、昔とほとんど変わっていない学内に、懐かしさのあまりタイムスリップ?してみました。
こちらのビデオ↓
Università per Stranieri di Perugia
f0172744_10103866.jpg
Aula Magna:講堂 ここで音楽と美術の勉強をしました。

f0172744_9523487.jpg
2000年以上も前のエトルスコの門、この下を毎日とおって通いました。

f0172744_3294129.jpg
Centro の一番端にある展望台、素晴らしい風景が広がっていました。

f0172744_3452470.jpg
映画館「PAVONE」上映は16時から、よく通いました。
primo tempo, secondo tempoと分かれていて,
1本の映画に休憩時間があるのが驚きでした。

f0172744_3292430.jpg
セピア色??でも夕暮れ時です、大好きな石畳、
6月になるとツバメが飛び交い、目の前を急降下して行きました。

by aula-magna | 2015-06-08 10:19 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(0)
f0172744_13411798.jpg

f0172744_148264.jpg

f0172744_13542735.jpg

インゲン豆は、マメ科インゲンマメ属の一年草で、学名は Phaseolus vulgaris。
メキシコ南部から中央アメリカにかけてが原産で、日本へは17世紀に隠元禅師が伝えたことから、この名前がついたとされています。
生育期間が短く、関西地方では、一年に3回も収穫できることから「さんどまめ(三度豆)」と呼ばれています。
by aula-magna | 2015-06-05 13:59 | ・日記 | Trackback | Comments(0)
イタリアからのお土産の定番ともなっているバーチ・チョコレート。イタリア中部ウンブリア州の州都ペルージャにあるPerugina社のヘーゼルナッツ(イタリア語ではnocciola)の入ったチョコレートのお話。

f0172744_19233262.jpg

Perugina社(ペルジーナ社)は経営をFrancesco Buitoni(フランチェスコ・ブイトーニ)氏、お菓子の生産技術を女性実業家Luisa Spagnoli(ルイーザ・スパニョーリ)が担当し、1907年に創業されました。
“Baci”は1922年、Luisa Spagnoliが、チョコレート菓子を製造する際に余ったヘーゼルナッツを利用しようと考えたアイデアから生まれ、ヘーゼルナッツが入ったチョコレートはまるでゲンコツのような形をしていたため当初は “cazzotto (ゲンコツ)”と呼ばれていました。この頃から経営に参加していたFrancesco の息子Giovanni Buitoni (ジョヴァンニ・ブイトーニ)は、Luisa より14歳年下でしたが、彼女と愛し合うようになり、このチョコレートに“Bacio (キス)”と言うロマンチックな名前を薦めたのです。そして、この名前になると“Baci”(bacio の複数形)は大変な勢いで有名になりました。
そこで、この社のアートディレクターFederico Seneca(フェデリコ・セネカ)が大きな二つの改革をしました。
チョコレート毎に、愛についてのフレーズがイタリア語・英語・フランス語などの言語で書かれている紙「cartiglio:カルティッリオ」を入れ、パッケージを青色にし、そこには星空の下のカップルを描いたのです。
こうして販売戦略も成功し、1950年代には“Ovunque c’è amore c’è un Bacio Perugina:愛のあるところにはペルジーナのバーチョがある”という宣伝文句で、Baciチョコレートをプレゼントすることで、より効果的な愛情を表現できるように感じさせたのです。そしてこれを一回り小さくしたBacetti(小さなキス)チョコレートも生まれました。
1960年代になると、母の日(Festa della Mamma)やバレンタインデー(Festa degli Innamorati)には愛の証として、このチョコレートが贈られるようになりました。
f0172744_1925558.jpg
Baciチョコレートは、一つ一つ青い星が散りばめられている銀色の包み紙に包まれ、ヘーゼルナッツが丸ごとひとつとジャンドゥーヤが入ったダークチョコレートです。また中身はそのままでバニラ風味のホワイトチョコレートに包まれた“Baci bianco:バーチビアンコ”という種類もあり、この包み紙は青色で白い星が輝いています。

f0172744_1013779.jpg

by aula-magna | 2015-06-02 19:34 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(0)