イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年1月27日、ザルツブルク
(現在はオーストリアの都市、当時は神聖ローマ帝国領)で生まれました。
父、レオポルトは、大学で哲学・歴史を学んでいましたが、途中で音楽家に転じたと
いうザルツブルクの宮廷作曲家・ヴァイオリニストです。
母はアンナ・マリーア・ペルトルで、ヴォルフガングは七番目の末っ子として生まれ、
他の五人は幼児期に死亡し、唯一、五歳上の姉マリーア・アンナだけがいました。

作家のゲーテは、ヴォルフガングが7歳のときフランクフルトで行った演奏を聴き、
「そのレベルは絵画でのラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思った」
と後に回想しています。

1786年(30歳) オペラ『フィガロの結婚』K.492 初演。
1787年(31歳) 父・レオポルト死去。オペラ『ドン・ジョヴァンニ』K.527 初演。
1790年(34歳) オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』K.588 初演。
1791年9月、  プラハで行われたレオポルト2世のボヘミア王戴冠式でオペラ
『皇帝ティ ートの慈悲』 K.621を初演。
9月30日、シカネーダーの一座のためにジングシュピール 『魔笛』 K.620を初演。
レクイエム K.626に取り組んでいる最中の11月20日から病床に伏し、2週間後の
12月5日0時55分に35歳10ヶ月の若さでウィーンで亡くなりました。

ちなみにジュセッペ・ヴェルディの命日も1901年1月27日です。

f0172744_2221056.jpg
ウイーン、デンメアティーハウス社の紅茶、缶のデザインはモーツァルトの
”アイネ・クライネ・ナハトムジーク” 中身は、Aromatisierte tees Caramello。

by aula-magna | 2015-01-28 02:36 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)
~~ お知らせ ~~

長い間品切れになっていました対訳双書27 「ドン・カルロ」
昨年末、品切れとなりました対訳双書3 「仮面舞踏会」を再販しました。
1月27日より順次発送致しますので、ご希望の方はホームページより
お申し込みください。
また、対訳双書は一部アマゾンでもお求めいただけるようになりました。
皆様からのご意見、ご希望をお待ちしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

f0172744_10275542.jpg
対訳双書27、対訳双書3 : 2015年1月27日再販

by aula-magna | 2015-01-19 18:14 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)
近頃とても気になっていることがある。
テレビなどで「飲みやすい」「食べやすい」がほめ言葉として頻繁に使われているのである。
なぜこれが美味しいという意味のほめ言葉になるのかとても不思議である。
容易く楽であることが心地よい傾向にあり、それが望まれているのか?

先日ドキュメンタリーの字幕の仕事をした。指揮者が様々な場面で聞き手に考えて欲しい
という意味で投げかけている言葉が美しいので、それを極力生かして訳すと、クライアント
から結局どういうことを言っているのか具体的な言葉にしてくださいという注文が来た。
それが外国語特有の表現というわけではないので、訳者が説明を入れ込むのでは
指揮者の意図が台無しになってしまう。受け取る側の想像力の欠如に他ならない。
何の臆面もなく、訳で解りやすくして欲しいという要求に、大切なものが失われてゆく
ようで寂しい。
by aula-magna | 2015-01-10 12:09 | ・日記 | Trackback | Comments(2)
2015年もどうぞよろしくお願い致します

f0172744_1062334.jpg

by aula-magna | 2015-01-01 10:09 | ・日記 | Trackback | Comments(0)