イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名前と私

私は、今NHKの朝の番組「花子とアン」を、楽しみに見ています。朝の連続ドラマを見るのは「おはなはん」以来のことです。
幼いころ母が薦めてくれた「赤毛のアン」、それを手にしたとき、なぜか翻訳者の「村岡花子」という名前が印象的で、物語の内容とともに、自然な優しさで包み込んでくれるような暖かさを感じたのです。そしてそれが忘れられないものとなっていた私は、始まる前から楽しみにしていました。特に今放送中の場面にある、村岡花子さんが、「子」にこだわっていることは、自分のことと重なり興味津々です。

そこで私の場合の「子」について少し.......
父によると「子」というのは、かつては尊称で「老子」「孔子」のような人につけるもの、自分から名乗るものではないと、私の名前には「子」をつけず「洋」としたのだそうです。

その「洋」が、小学校の入学式の日に、突然、「洋子」に変わったのです。子供ながら、なぜだろうと思いつつも、いつのまにか「洋子」と呼ばれても抵抗なく返事をするようになっていきました。
三年生になって担任が理科の男の先生に変わり、この先生が書道も教えてくださるようになったとき、「最後の行には、自分の名前を心をこめて書くこと」と仰ったので、私は躊躇うことなく、小学生になって初めて自分の名前を「洋」と書いたのです。翌日、職員室へ呼ばれ、「こんなふざけたことをしてはいけません」と、ひどく叱られました。ふざけたつもりのない私が「本名は洋なのです」と思い切って答えたところ、先生はとても驚き、職員室がちょっとした騒ぎになりました。
母が学校に呼び出され、その日からすべての書類が「洋」に書き戻されました。真相は入学時の担任の先生が、「洋」では男の子と間違えられて可哀想と、私のためを思い「洋子」と書き換えたのだと聞きました。
私の場合は村岡花子さんの時代とは違い、名前に「子」がつくのが普通ですので、「洋」がペンネームと思われることもしばしばです。
by aula-magna | 2014-05-25 08:29 | ・日記 | Trackback | Comments(0)
甘い香りのするみかんの花は5月初旬に咲きます。”

みかんの花咲く丘  作詞:加藤省吾
           作曲:海沼 実

みかんの花が 咲いている
思い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海
お船が遠く かすんでる

黒い煙を はきながら
お船はどこへ 行くのでしょう
波にゆられて 島のかげ
汽笛がぼうと 鳴りました

いつか来た丘 母さんと
いっしょに眺めた あの島よ
今日もひとりで 見ていると
やさしい母さん 思われる

昭和21年8月25日東京のNHKスタジオと伊東市を結ぶ初の二元中継ラジオ番組
「空の劇場」が放送され、伊東市の西国民学校から流れてきたのは童謡歌手
川田正子が歌う「みかんの花咲く丘」でした。
この爽やかで明るい歌は、終戦後間もない人々の心を癒し、国民の愛唱歌となりました。

実は、放送の前日、「かわいい魚屋さん」の作詞で知られた加藤省吾が取材のため
川田正子の家を訪ねていました。川田家の2階に住んでいた海沼実(後に正子の母
須磨子と結婚)は、その日に放送する曲の依頼を受けていたものの、前日になっても
何も出来ていず困り果てていました。取材を終えて帰ろうとする加藤に、海沼は鉛筆と
原稿用紙を差し出し、「これから伊東へ行くのだが、青い海に島があって、白い船が
黒い煙をはいているような詩が欲しい」と頼むと、加藤は30分で詩を書き上げて
しまったそうです。

海沼は、1時間半の列車内で作曲をしようと、正子を連れて伊東行きの列車に乗りました。
国府津の手前まで来たとき、いつも口ずさんでいたヴェルディのオペラ「椿姫」の
メロディから曲想がわき
、この曲が一気に出来上がりました。
海沼はその夜、旅館で正子を猛特訓し、翌日の生放送に臨み、大成功を収めたのです。
                      (参考:学習研究社 私の心の歌)
by aula-magna | 2014-05-14 01:48 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)