イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ホームページ(http://www.aula-magna.net/) をリニューアルしました。
対訳双書の説明を増やし、オーダーのページも使いやすくしましたので、
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

~☆ 春の特別割引のご案内 ☆~   
割引期間:2012年4月2日(月)~20日(金)
この期間中に、対訳双書・文法解説シリーズを直接アウラ・マーニャへ
お申し込み頂きますと、書籍一割引・送料は弊社負担にてお送りします。
by aula-magna | 2012-03-31 10:02 | ・日記 | Trackback | Comments(0)

待ちに待った春が...

今日(21日)、高知でソメイヨシノが開花したとのニュースが届きました。
f0172744_16552237.jpg
f0172744_1655368.jpg
f0172744_16555131.jpg

by aula-magna | 2012-03-21 17:40 | ・日記 | Trackback | Comments(0)
3月8日は“Festa della donna”(女性の祝日)、イタリアではこの日、
大切な女性に春の到来を告げる花“ミモザ”を贈ります。
そして今年もまたイタリア文化財・文化活動省(MIBAC)は、女性に敬意を払い、
「女性の日」を企画しています。美術館、歴史的な建物、モニュメント、遺跡、
国立図書館などへの入場が女性は無料になります。
この女性の日の成り立ちについては2009年3月8日のブログを見てください。

私の幸せのひとつは、この日に生まれたことです。
この一年が健やかな日々となりますようにと願いながらの新たなスタートです。☆☆☆
by aula-magna | 2012-03-08 00:02 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(2)
今年も九段のイタリア文化会館エキジビションホールで
イタリアブックフェアー2012 「日本語で読むイタリア」が
2012年3月29日(木)~4月9日(月)の期間、開催されます。

今年は2009年以降に出版されたイタリアについての書籍、
イタリア語からの翻訳書約700冊が一堂に展示され、その
ほとんどが販売されます。

~~アウラ・マーニャの対訳双書新版も並びます。~~
by aula-magna | 2012-03-07 21:31 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)
白井光子さんのコンサート紹介記事の抜粋:
... 日本の歌を歌うたびに日本語の持つ力を実感している。.... (子音、母音などを示す)
アルファベットがつながってできる言葉は、しゃべっている間に空間が出来て感覚が伝わる。
でも日本語は一音で発音する言葉。だから言葉の持っている力が前面に出てくるんです.... 
日本語の場合、普通の人はほとんど“自分”が体の外にいる。だから『私』と言わないと
自分自身にならない。ドイツ語だと胸の奥に“自分”が座っている。哲学的な意味での
“自分”ですね。.....

このメゾ・ソプラノの白井光子さんのコンサート紹介の記事「日本歌曲言葉の力実感」を
読み、常々感じている日本語とイタリア語との言葉の違いにぴったりと重なり、より深く
実感することが出来ました。
ドイツ語と同様に、イタリア語も子音と母音が、音節(sillaba)を単位としてつながって
いるので、それを見える順番に発音してゆきます。そのときに空間が作られ感覚が
伝わるのです。そこにはおのずと“自分”も存在します。
日本語は子音と母音を一緒に一音として発音するので、感覚よりも言葉が前面に出ます。
この違いは、文化の違いにもつなるように思えます。
by aula-magna | 2012-03-07 00:09 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)
‎3月4日の69歳のお誕生日を前にして、イタリアのシンガー・ソングライターの
ルチォ・ダッラが昨日3月1日亡くなりました。
ナポリ出身のテノール歌手、エンリコ・カルーソを歌った『カルーソ』を作詞・
作曲し、今は亡きパヴァロッティに捧げました。ご冥福をお祈りいたします。

1992年モデナでのルチォ・ダッラとパヴァロッティの共演がyoutubeで
ごらんになれます。
by aula-magna | 2012-03-02 20:44 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(2)