イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フェルマータ(FERMATA)

音楽で延声???記号として使われるフェルマータ(FERMATA)は、<停留所><停止>を
意味するイタリア語なのですが、イタリアでは、なぜかこの記号をフェルマータとは言わず
CORÓNA(コロナ:冠)と呼んでいます。
この記号は一説に、一日の終わりである日没に由来したデザインとも言われていますが、
イタリアでは<冠>をイメージしてこう呼んでいます。

音楽用語の多くを単純に速度記号として捉えるのではなく、その本来の意味を知って
演奏すると、より愉しく豊かな演奏ができるはずです。
フェルマータ(FERMATA)は音を延ばすというよりも、一時的な停留なのです。
by aula-magna | 2012-02-24 22:21 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)

私の名前

私は四人兄弟の長女、父の好みで四人とも名は、ひと文字。
私「洋:よう」、妹「律:りつ」、弟「理:ただし」、弟「致:いたる」といいます。
父曰く「孔子、老子にあるように“子”は本来尊称である、そのため自らの名に
つけるのは考えものだ」と言って、私も妹も“子”がつきません。
「洋:よう」と読む名の男性は時々おられますが、女性ではまだ知りません。
私はこの名前のため、思いがけない経験をたくさんしてきました。

私の生まれた頃は戦後のベビーブームであったこともあり、中学校の卒業少し前には
分校が新設され、この新校舎で新しい職員の先生方を中心に卒業式が行われました。
卒業証書は男性が全員受け取り、それから女性の順だったのですが、男性の途中で
突然私の名が呼ばれたのです。それも「~~ひろし」、不思議な空気が漂い....
しかたなく「はい」と答え男性に混じって壇上に上がり、卒業証書を受け取りました。
卒業式なのに???今でも忘れられない出来事です。

横浜の大きな書店で、久しぶりに本を沢山購入した時のことです。クレジットカードで
支払おうとしたところ「ご本人様でないカードはご使用になれません」と言われ、
「これは私のカードです」と答えたのですが、一方的に「???今回だけは見逃して
あげます」と乱暴に本を渡され、書店を出ることになりました。
余りの後味の悪さに、このまま帰るのは情けないと思い、引き返して先程のベテラン??
らしき店員に「この名前は両親からもらった大切な名前です、見て下さい」と持っていた
パスポートを提示し、疑いを晴らした経験があります。

カードを使うと、いつもこのときと同じ空気が漂うので、なるべく使わないようにしています。
郵便局や銀行でも「委任状がないとお渡しできません」といわれることは、今でも度々あります。

色々あっても私はこの名前が気に入っています。
思い込みの怖さなども自然に学ばせてくれた気がしています。
by aula-magna | 2012-02-10 23:13 | ・日記 | Trackback | Comments(1)
~お知らせ~
区民参加オペラCITTADINO歌劇団
第12期生公演ドニゼッティ作曲「ランメルモールのルチア」(原語上演・字幕付)
日時:2012年2月19日(日)13:30開場 14:00開演
場所:文京シビックホール大ホール

指揮 :高野 秀峰
演出 :馬場 紀雄
音楽指導:蒲谷 昌子
合唱指導:長 裕二
日本語字幕:とよしま洋

■出演■
出口 麻美
藤田 理恵
三浦 大喜
金子 亮平
曽我 雄一
郷田 明倫
福井 徹
管弦楽:CITTADINO歌劇団オーケストラ
合唱:CITTADINO歌劇団合唱団

公演に関するお問い合わせ先:文京アカデミー ホール事業係
http://www.b-academy.jp/event/detail_dyn_j.html?iid=1636
by aula-magna | 2012-02-01 17:39 | ・イタリアオペラの話 | Trackback | Comments(0)