イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0172744_10523164.jpg
(foto Yoh)
人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2010-09-30 10:55 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(5)
何年か前のことである。パルマの夏の夜は10時頃まで明るいので、夕方であったような
気さえするのであるが、旅の疲れが出て早々と寝ていた。数時間眠って大きな話し声が
するので何事かと様子を見に行くと、マエストロが居間で息子と打ち合わせをしていた。
私はパジャマ姿だったので慌てて「Mi dispiace, sono in pigiama.:パジャマ姿で
失礼!」と言うしかなかった。するとマエストロが言いにくそうに「Che bel pigiama!:
何て素敵なパジャマ!」と言ったので皆で笑ってしまった。
実はイタリアの婦人用のパジャマはペラペラしているので私には着心地が良くない。
好みの綿のパジャマは子供用しか見つけられず、そのとき胸に可愛い刺繍のある
着心地満点の高校生用パジャマを着ていたのである。

私より6歳上の友人で、人が集まると、なぜか「この人いくつに見える?」と私の年齢を
クイズのように皆に尋ねる人がいる。私自身年齢を忘れて生活しているので、この質問が
出る度に自分の年齢を考えてびっくりしている。
その日はイタリア人のご夫妻と食事をしていた。この時も友人が彼らに同じ質問をするので、
私は「Sono della sua generazione.:この方と同じ世代なのです。」と反射的に言った。
すると美しいバリトンの声で「Che bella generazione!:なんて素敵な世代だろう!」と
いう言葉が返ってきた。
なぜかこの「Che bello~~!」という表現には顔がほころんでしまう。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2010-09-21 16:57 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(2)

夢見るシャンソン人形

フランス語を長い間勉強している知人に「“夢見るシャンソン人形”“ろくでなし”と
いうシャンソンを知っていますか?」ときかれ、メロディーは知っていても日本語の
歌詞で覚えてしまっているので、本当の内容を知らないことに気づかされた。
彼女は最近友人に頼まれてフランス語の歌詞を訳し、その内容が日本語の歌詞と
かけ離れていたので不思議に思ったそうである。フランス語の歌詞はとても具体的で
人間の生き様がはっきりと描かれているが、日本語ではそこには深く触れていない。
エディット・ピアフの“愛の賛歌”も同様である。もし、日本語の歌詞が原語に忠実で
あったなら、果たして日本でヒットしたであろうか?そして、これらの曲の日本語歌詞は
訳詞ではなくて作詞となるのであろうか?などと話がはずんだ。
因みに坂本九の“上を向いて歩こう”は、なぜか“すき焼き”の名で世界に知られている。
いずれも一昔前のヒット曲ではあるが、国民性と言葉の関係を考えさせられた。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2010-09-17 00:41 | ・日記 | Trackback | Comments(2)
イタリア人が「BELLO:美しい」という言葉を使うとき、そこには、綺麗な、素敵な、見事な、
立派な、良い、快い、好ましいなどのたくさんの意味合いが含まれるので、日本語一言では
このニュアンスを訳すのが難しい。そして彼らはこの「bello」を頻繁に使うのです。

「una bella idea(美しい考え):素晴らしい考え」
「una bella gita(美しい小旅行):楽しい小旅行」
「una bella cifra(美しい総額):かなりの額」
「Una bella eta(美しい年齢):高齢」
「un bel nome(美しい名前):名声」

本を読んでいたり、テレビを観ているとき「E' bello?」と聞かれれば「面白い?」なのです。
また「何をしているの?」と尋ねるときも、イタリア語では「Che fai?」と簡単に言わず、普通
「Che fai di bello?:どんな素敵なことをしているの?」と表現します。
日本人には違和感がありますが、私にはこの「di bello?」が大切なのです。「日本語らしさに
欠ける」というお叱りの言葉を覚悟の上で、私はこの心意気を何とか伝えたいと思っています。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2010-09-08 15:05 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(2)
f0172744_15583473.jpg
(foto Yoh)


人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2010-09-04 15:58 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(2)