イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

柳の歌:La canzon del Salice

G.ヴェルディのオペラ「オテッロ : Otello」の第四幕の最初の場面で、デズデーモナは
死を予感し、彼女の母の侍女であった可哀想な娘バルバラがいつも歌っていたという
「柳の歌」を歌います。デズデーモナと言えば、この曲が浮かぶほどです。
また、F.P.トスティの歌曲にも「柳 : Il Salice」と題する曲があります。
イタリア語の「柳 : Il salice」「涙をとめどなく流す」をイメージするので、
このタイトルで悲しみや別れの歌であることが分かります。
「しだれ柳」は、「Il salice piangente : 涙を流す柳」と言います。
人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-26 23:12 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(0)

バラの町マントヴァ

f0172744_0115731.jpg
(foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-18 00:13 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(0)
Non hai amor proprio?
「君に自尊心はないのか?」
(直訳すると:君は自分自身への愛を持たないのか?)

Replicò Donatello ferito nell’amor proprio.
自尊心を傷つけられたドナテッロは反論した。」
(直訳すると:自己愛を傷つけられたドナテッロは反論した。)

amor proprio は直訳すると「自分自身への愛」です。
「自尊心を持つ」よりも「自分を愛する」というイタリア語の表現の方が
ストレートで、自分を大切にできそうな気がします。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-16 00:34 | ・イタリア語コラム | Trackback | Comments(3)

気になる美しい館

f0172744_011227.jpg
(a Parma : foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-12 00:12 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(0)

Gioia の質問

f0172744_057080.jpg
          Gioia : ねえ… どうして奥さんいないの??
          青 年 : 結婚してないからだよ。
          Gioia : 結婚してないの? どうして?
          青 年 : 結婚するには、まず…
                   「愛」を見つけなくちゃならないんだ。
          Gioia :?????
(Corniglioの丘にて: foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-09 01:05 | ・日記 | Trackback | Comments(3)
f0172744_017557.jpg
(foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-08 00:17 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(4)

今日のメニューは??

パルマ音楽院すぐそばの 「TRATTORIA CORRIERE」 :午後一時
f0172744_23504855.jpg
(foto Yoh)
是非、パルマのTortelli di zucca (かぼちゃのトルテッリ)を召し上がれ!!

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-04 23:26 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(6)

頼りになるMAMMA

f0172744_23312551.jpg
パルマのおしゃれなお店
「CHARLOT」の店長さん。
ディスプレイのセンスの良さに
つい立ち止まらずにはいられ
ません。
お店の靴も、洋服もシンプルで
機能的、彼女のちょっとしたアレ
ンジが加わると、とてもファッショ
ナブルになります。一つの洋服が
2~3通りに変身するので、感心
しながら試着しました。
「息子のために頑張って働いて
いるのよ」と、この日もお店の奥で
楽しそうにミシンをかけていました。


(foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-03 00:00 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(4)

問題解決

レオナルド・ダ・ヴィンチがミラノのサンタ・マリーア・デッレ・グラツィエ教会で「最後の
晩餐」を描いていたとき、教会の修道院長は、レオナルドが働かずに絵の前でじっと
していることに業を煮やし、ミラノ公にその不満をぶつけに行きました。
公がレオナルドを呼んでそのことを問いただすと、レオナルドは「芸術家は何もしていない
ように見える時も働いているのだ。絵はほとんど出来上がっているが、二つ問題が
残っている。一つはキリストの顔、そしてもう一つはユダの顔に悩んでいる」と説明し、
「でも今、問題の一つは解決した。ユダの顔は修道院長の顔にする」と答え、
公はこの答えにとても笑ったそうです。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-06-01 01:13 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(2)