イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0172744_2323490.jpg
(foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-28 23:24 | ・フォトアルバム | Trackback | Comments(8)
「ピノッキオの冒険」の作者である作家カルロ・コッローディ(Carlo Collodi:1826~
90)は、最初は少年少女のための作品を書くことは考えていませんでした。
遊び人の彼は、ある晩賭け事に負け、千リラを支払わなければならなくなり途方に
暮れて家に戻ろうとしていました。その様子を見た出版社のフェリーチェ・パッジが、
肩代わりしするから、翌朝自分のところへ来るようにと言ったのです。半信半疑で
コッローディは翌朝彼の許を訪ねると、パッジは千リラを渡し領収書にサインをさせ
ました。そこには条件として1年以内に児童のための本を書くことが記されていました。
「ピノッキオの冒険」は、こうしてこの世に誕生しました。

この作品が発表された19世紀末は、イタリアが領土的統一を達成したばかりで、
新しい国家体制が確立される時期でした。それに呼応し未来を担う子供たちのために
児童文学作品が盛んに生み出されてゆきました。その代表的作品がデ・アミーチス
(Edmondo De Amicis:1846~1908)の「クオーレ」と、この「ピノッキオの冒険」です。

ピノッキオは、ジュセッペ爺さんが松の木(PINO:ピーノ)から作り上げた操り人形
です。人間の子供と同じように話したり動いたりでき、しかもたいへんな腕白こぞうで、
ジュセッペ爺さんに苦労ばかりかけていました。ついには勢い余って長い冒険の旅に
出てしまいます。様々な事件に巻き込まれ危険な目にあうのですが、旅路の果てに
体の弱ったジュセッペ爺さんに再会します。そして、この父親のために必死に働くよう
になり、ある朝、操り人形のピノッキオは、人間の子供に生まれ変わっていたのです。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-28 01:04 | ・イタリアの芸術 | Trackback | Comments(0)
サン・マリーノ共和国は、イタリア半島中部、アドリア海からそれほど遠くないティターノ山
にある愛らしい町で、夏になると世界各国からの観光客で賑わいます。
4世紀にディオクレティアヌス帝の迫害を逃れてきた敬虔なキリスト教徒の石工マリヌス
(Marinus)が、この地に住み、仲間のキリスト教徒と共にコミューンを作ったのが,
この国の起源であるとされています。そして1263年には独自の憲章を定め、共和国と
なり、その後独立を護り続けて現在に至っています。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-27 00:36 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(0)

イタリアの中の外国

イタリアの中には二つの外国が存在しています。
それはローマ市内にある世界最小の主権国家ヴァチカン市国と、
現存する世界最古の共和国サン・マリーノ共和国です。

ヴァチカン市国(Stato della Città del Vaticano):面積約0.44平方km、
人口821人(2004年)、公用語はラテン語ですが公式文書に使用され、
通常はイタリア語が話されています。通貨はユーロです。

サン・マリーノ共和国(Repubblica di San Marino):アドリア海側の都市
リミニに近い高台の上にあり、面積約61平方km、人口約30,000人、
公用語はイタリア語、通貨はユーロです。

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-18 23:00 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(0)
イタリアには、都市名そのものに定冠詞のついている町が二つあります。
リグーリア州のラ・スペーツィア (La Spezia) と、アブルッツォ州の州都ラクイラ
(L’Aquila)
です。

そのラクイラ周辺で4月6日マグニチュード(M)6.3の地震が発生し、イタリアの災害
対策当局は10日、確認された犠牲者数は計291人に達し、負傷者は1,000人以上
と報告しました。
アブルッツォ州は、ローマを州都とするラツィオ州の隣にあり、震源地であるラクイラは
人口約70,000 人、ローマから北東へ約90キロの地点にあります。

在日イタリア大使館では被災された方々への義捐金を募っています。
詳しくは、下記にアクセスしてください。
※在日イタリア大使館・アブルッツォ地方地震について
人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-17 01:02 | ・イタリアのこと | Trackback | Comments(0)

春爛漫

2月にあまり暖かい日が続いたので、試しにルーコラ (rucola) の種を蒔きました。
そのルーコラが、4月になって日々競い合うようにどんどん成長するので、毎朝見るのが
楽しみになっています。今夕、イタリア料理を作って試食会です。
f0172744_912597.jpg
(foto Yoh)

昨年手に入れた小さなヴィオーラ (viola) の苗が、今は鉢からあふれ出るように
咲いています。
f0172744_9222596.jpg
(foto Yoh)

人気blogランキング
  ↑気に入っていただけたらクリックお願いします。
by aula-magna | 2009-04-11 09:23 | ・日記 | Trackback | Comments(0)