イタリアオペラ翻訳家 とよしま よう のブログです。


by aula magna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プッチーニのオペラ「トスカ」の“歌に生き、愛に生き”

オペラ「トスカ」の原作ヴィクトリアン・サルドゥの戯曲『ラ・トスカ』は、人気の高かった女優サラ・ベルナールが演じ、1887年のフランスでの初演以来、圧倒的な成功を収めていました。そしてプッチーニにとってもこの作品は大きな魅力でしたが、作曲を決意させた大きな原因がもう一つあります。
プッチーニ(1858~1924年)と同時代の作曲家であり同級生でもあったことのあるアルベルト・フランケッティ (1860~1942年 )という作曲家が1893年頃、サルドゥのドラマに基づいたオペラ「トスカ」の作曲契約をリコルディと取り交わしていました。そしてこのドラマをオペラ台本にする仕事がルイージ・イッリカに託され、1984年の秋に、劇作家サルドゥとの打ち合わせが、パリの彼の自宅で行われました。そこにたまたまサルデゥと仲の良かったヴェルディが居合わせていました。イッリカが脚本を朗読すると、ヴェルディはその台本に感銘を受け、特にトスカの「歌に生き、愛に生き」のくだり、人生と芸術への決別の歌詞の部分では、感動のあまり、イッリカの手から原稿をひったくるように取ると、震える声で自ら朗読し、ヴェルディは、もし自分が若かったなら作曲しただろうと語ったのです。
後日この話を聞いた若いプッチーニは、何が何でも「トスカ」を作曲しようと決心し、手を尽くしてその作曲権を獲得したのです。その結果この作品が生まれました。
トラックバックURL : http://aulamagna.exblog.jp/tb/23866044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-19 16:09
タイトル : ダイナミックで刺激的な多彩な表情の音楽を楽しめるオペラ
ヴェルディ『運命の力』 Giuseppe Verdi “La forza del destino”  ヴェルディの中期~後期の作品『運命の力』は、侯爵の娘レオノーラとその恋人、彼女の兄の3人が運命のいたずらに翻弄される悲劇で、ヴェルディのドラマティックで壮大で暗く深みのある音楽聴かせてくれました。 Beautiful daughter Leonora of Karatoraba Marquis was not observed is love with a hero Don Aruba...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-07 20:45
タイトル : 哀しくも抒情性に貫かれた人気オペラ
ヴェルディ『椿姫』 Giuseppe Verdi ”La traviata ”  『椿姫』は、19世紀の華やかなパリの裏社交界を舞台に、夜の華として君臨する高級娼婦ヴィオレッタが、真実の愛に目覚め、その純愛ゆえに別離を選ぶ哀しい運命を描いた悲劇です。ヴェルディのオペラ『椿姫』は、幕開け早々に置かれた有名な〈乾杯の歌〉を始め、誰も一度は耳にする名曲が次から次に登場する「オペラ」のジャンルで屈指の人気を誇る傑作です。今回の新国立劇場では、この聴衆の涙を誘うヴェルディの名作オペラをスタイリッシ...... more
by aula-magna | 2015-04-05 10:38 | ・イタリアオペラの話 | Trackback(2) | Comments(0)